CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SNS
星ニットのSNSです
MOBILE
qrcode
<< 【縫製工場*星ニット】夏と言えば…? | main | 【縫製工場*星ニット】ボーダーシャツ à la carte >>
【縫製工場*星ニット】ある日の作業風景_4
0

    JUGEMテーマ:オーダーメイド

     

    こんにちは!星ニットです。

     

    夏季休業のお知らせ

     

    本日は久し振りの作業風景の紹介です。

     

    先ずは裁断です。

    今回は、キッズからレディース、メンズのそれぞれサイズが細かく指定がありますので

    少ない枚数のサイズに関してはハサミで裁っていきます。


    枚数の多いサイズはまとめて裁ちます。

     

    次にプリントです。
    裁断物はプリント台に貼られていきます。

    サイズごとに位置は変わってきますから、貼る位置にも神経を使います。

    熟練のプリント職人が調色しますので、たいていの色なら作ってしまいます。

    今回はブーゲンビリア色です。
    この調色レシピが確定するまで、工場と本社を試し刷りがいったりきたりします。
    インクの色と生地に乗せて乾燥後の色では違う場合がありますからね。
    今回は染み込みプリントなので尚更です。


    プリント本番です。

    もたもたしているとインクが乾いて版のメッシュの穴が塞がれますので、慎重かつ大胆に進めます。
    刷っているあとから乾燥機がゆっくりついてきます。

    端まで行ったら元へ戻って同じ工程を繰り返します。
    生地色と刷り色によっては5回も繰り返すこともあります。

    何回でも料金は同じですが、職人の腕はパンパンです。



    ブーゲンビリアピンクが乾いたら、濃紺を乗せていきます。
    今回は二色刷りです。

    袖には刺繍が入ります。


    今回、ボディはラグラン袖のTシャツですが、袖が配色になっています。

    刺繍もデザインのやりとりで決定後、オペレータがパンチデータをPCで作成します。
    できあがったパンチデータを刺繍機にダウンロードして打ちます。
    刺繍も試し打ちをして、工場と本社を行き来します。






    無事試し打ちがOKになると、裁断物を刺繍機にセットして

    一気に刺繍します。可愛らしい刺繍です。


    すべての工程が終わるといよいよ縫製です。
    が、しかし今この記事を書いている段階ではまだ縫製には至ってないのでそれはまた後日。

     

     

     

    ご質問お問い合わせはこちらからどうぞ

     

     

    【お問い合わせはお気軽にどうぞ】 
    星ニットURL    http://hoshiknit.com 
    メールアドレス info@hoshiknit.com(年中無休・24時間受付)

    電話番号 03-3678-7028(東京本社)
         025-799-2012(新潟工場

     

     

     

     

     

     

    | 製作日記 | 10:27 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする